人間関係

同性から好かれる人の特徴と付き合い方

投稿日:

男性でも女性でも本能的に異性から好かれたいという願望はあるものです。しかしモテたいために格好良く、または可愛く見せたいと外見ばかりにこだわり、性格がワガママで自分勝手のような人は、同性からはあまり好感がもたれません。異性からも初めは良くても付き合っていくうちに本性が出てくると次第に付き合いたくないと思われてしまう可能性も高いのです。
しかし同性から好かれる人というのは異性であっても長く付き合っていきたいと思われる存在になることが多く、好きな異性のタイプの中に「同性の友人が多い人」「同性からも好かれる人」という条件を挙げることもよくありますが、同性から好かれる人というのはどのような特徴を持っているのでしょうか。
男性と女性では少し異なってきますが、女性の場合はまず「自分でかわいいと思っているような言動をする人」は多くの人から嫌がられます。一昔前は「ぶりっこ」という言葉が流行りましたが、まさしくそのような女性で、いつも目を大きく見せるように上目で相手を見つめたり、かわいい声屋言葉で話すような女性です。それが本来の姿ならまだよいのですが、普段はもっと低いトーンで話したり、人の悪口なども平気で言ったりしているのに、男性の前ではしおらしく高めの声で話したり相手をほめたたえたりするような女性は同性から一番嫌われるタイプと言えます。つまり裏表があるということが原因なのです。それは男性にも共通することで格好ばかり気にして女性の前では媚びているのに、同性との関係では約束を守れなかったり人づきあいが悪いようなタイプの人は同性からも好かれません。
同性から嫌がられる最も多いタイプがこのように「表裏のある人」なので、逆に「表裏がない人」は信用されて同性からも好かれる人の特徴であると言えます。また表裏がないといっても誰の前でも暗くてとっつきにくい人は付き合い方が難しいと思われるので、「気さくで表裏がない人」ということが重要です。
次に、男性でも女性でも同性から好かれる人は、一緒にいて癒されるというタイプの人です。ふんわりした雰囲気を持ち、あまり人の悪口を言ったりせず、広い心で物事を受け止めるタイプの人は男女ともに同性からも好かれます。「癒し系の人」という言葉もあるように、常ににこやかに柔らかい物腰で人に接してくれ、どんな話も聞いてくれるようなタイプの人は同性にも好かれます。ただ癒されるというのはゆっくりしているという意味ではなく、あまりにものんびりとゆっくりしすぎて約束の時間に遅れても悪びれることがないなどの行動は相手をイライラさせる要因にもなるので、そのようなのんびりさではなく、「おおらかで人当たりの柔らかい人」ということになります。また同じ癒し系でも「見ていて笑顔になる」というタイプの人もいます。ちょっとドジな所があったり、いわゆる「天然」な言動をとることで周囲の人を朗らかにするという人も同性から好かれます。
また「自分にはできないようなことをしている」「すごく努力をしている」人も同性から「すごい」と思われる対象になります。ただその努力は自分で自慢するような人は逆に嫌がられるので、誰も知らないところで努力をして成果を出している人は同性のみならず誰からも一目置かれる存在となります。
さらに、同性から好かれる人の特徴としては、面倒見がよく友達を大切にする人は同性からも好かれることでしょう。何か相談を持ち掛けられたら親身になって考えてくれ、心配をしてよく連絡をくれたりする人は信頼されるので同性から好かれます。ただこの場合も相談事など火とのことを周囲に話すような口の軽い人は信用を無くしてしまいます。
このように同性から好かれる人の特徴は「裏表がなくて気さく」「癒される」「陰で努力をする」「友達を大切にする」などの特徴があるので、人との付き合い方に悩む人は見つめ直してみるとよいでしょう。

-人間関係
-

Copyright© 大人の恋愛・出会い・人間関係対処法 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.